会社案内

沿革

沿革
1971年 3月、千代田区駿河台にて創立。社員7名。
1974年 9月、株式会社として設立。資本金500万円。社員20名。
1980年 大阪支店開設。資本金5,000万円に増資。社員200名。
1982年 名古屋支店開設。
1984年 高崎支店、前橋システム開発センター開設。
1985年 立川支店、福岡支店、宇都宮支店開設。
1986年 仙台支店、沼津支店、水戸支店、京都支店開設。
東京コンピュータサービス健康保険組合設立。
資本金9,000万円に増資。
1987年 本社を千代田区神田神保町に移転。
1988年 横浜支店、神戸支店開設。
資本金1億2,000万円に増資。
1989年 熊谷支店開設。
1990年 経産省システムインテグレータ認定企業になる。
台東システム開発センター、千葉支店、静岡支店開設。
資本金1億8,000万円に増資。
関連会社「日栄システムウェア(株)」を吸収合併。(新資本金2億2,500万円)
1991年 川崎システム開発センター、札幌支店開設。
1994年 本社を千代田区九段北に移転。厚木支店開設。
1996年 新横浜システム開発センター開設。
1997年 柏システム開発センター、郡山支店、広島支店、小山支店、
東戸塚システム開発センター、池袋システム開発センター、
金沢支店、新潟支店、長野支店、浜松支店開設。
1998年 四日市支店、日立支店開設。
米国・カリフォルニア州に現地法人
「Total Computing Solutions of America,Inc.(TCS America)」を設立。
1999年 武藤工業(株)【東証一部】と業務資本提携。
ISO9001認証登録。
2000年 尼崎システム開発センター開設。
2001年 富山支店、岡山支店、高松支店、松山支店、周南支店開設。
中国・上海に現地法人「上海特希思信息技術有限公司(STCS)」を設立。
2002年 アンドール(株)【JASDAQ】と業務資本提携。
三河支店開設。北部通信工業(株)の支援企業となる。
髙山允伯が北部通信工業(株)の管財人に選任。
2003年 (株)テクノ・セブン【JASDAQ】と業務資本提携。
豊田システム開発センター開設。
2004年 (株)アイレックス【JASDAQ】と業務資本提携。
2005年 本社を中央区日本橋に移転。
(株)明成商会(大阪)の株式を(株)産業再生機構より取得。
10月、ホールディングカンパニー体制への移行に伴い会社分割。
立川支社(IS99356)がISO27001認証登録。
2006年 熊本支店、いわき支店開設。
2007年 川越支店、山口支店、盛岡支店、北九州支店開設。
関西支社(IS507000)がISO27001認証登録。
2008年 姫路支店開設。
産業システム事業統括本部、金融システム事業統括本部に事業本部の再編成。
2009年 ネットワークシステム事業統括本部、エンベデッドシステム事業統括本部に
事業本部の再編成。
2014年 鹿島支店、鹿児島支店開設。
2015年 ビジネスシステム事業統括本部、金融システム事業統括本部、
通信制御システム事業統括本部に事業本部の再編成。
2016年 特機事業部開設。
2017年 プライバシーマーク取得。